電話でお問い合わせ
0565-41-6565

私たちは、ここに集まるすべての人々が「笑顔」と「ありがとう」で溢れる生活空間を創造します。そして、私たちの夢は「ありがとう。あなたに逢えてよかった」と言われる介護サービスの実現です。

地域密着型特別養護老人ホーム・グループホーム「猿投の楽園」は、愛知県豊田市の北部にそびえる猿投山を臨む静寂の丘陵地に悠然と建ちます。人に優しい平屋造りの施設には、特別養護老人ホームのほかにグループホーム、ショートステイ、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、地域交流センターを併設。いろいろな形で各人の一生を送り、社会に貢献されてきた高齢者の方々にご家庭と同じような温かい安らぎの場を提供したい、ご家族に代わってお世話させていただきたいという私たちの思いを実現させます。 また、平成31年4月にはホタルのふるさと豊田市益富古瀬間地区に特別養護老人ホーム・デイサービスセンター「益富の楽園」を開設いたします。新しいメンバーとの出会いに今から胸がワクワクします。

—— Q:志楽園との出会いは?

A:もともと隣市で施設勤務をしていました。ある日、お世話になっている方からの紹介で「豊田に素晴らしい施設ができるから・・・」と言われ、採用担当の方(副理事長)とお会いしたのが最初です。面談で、今までの経験が活かせるのはここしかない!と感じました。まさに「ありがとう。あなたに逢えてよかった」です。

—— Q:志楽園で働いてみて、感じた事は?。

A:開設以来、無資格者や未経験者のご指導やアドバイスをさせて頂く機会が多く、教える事の難しさを実感しながらも、彼らが成長していき、笑顔で一緒に働けることが自分の喜びになりました。

—— Q:志楽園のここが好きだというポイントは?

A:理事長はじめ役員、施設長、幹部の皆さんの志が高く、考え方一貫していて、なにより運営がオープンであること。公平な判断、公平な評価は何より働きがいがあります。

—— Q:これからの目標や夢は?

A:まずは、出会う人みんなが介護の仕事を大好きになって欲しい。そして共に人間性も磨き、ご利用者から「ありがとう。あなたに逢えてよかった」と言ってもらえるよう、思いやりのある介護の最強軍団を作っていきたい。

徳留 悠磨さんの1日(遅番:12時~21時の場合)

—— Q:志楽園との出会いは?

A:以前は有料老人ホームで勤務をしていました。知人からの情報で「新しい施設だから人間関係に悩むことないし、社会福祉法人だから経営基盤もしっかりしているみたいよ」と言われ、応募しました。

—— Q:志楽園で働いてみて、感じた事は?

A:毎日が楽しいです。子供がまだ小さく、フルで働けない家庭環境のなか、個人の生活を第一に考えたシフトで働かせていただいてます。

—— Q:志楽園のここが好きだというポイントは?

A:施設が、ユニットが、とにかく明かるいです。同僚に恵まれ、入居者の皆さんも素敵で、こんな環境を作られた法人に感謝です。

—— Q:これからの目標や夢は?

A:子供の成長に合わせて、いずれは正職員として働いていきたいです。また、資格取得支援制度を利用してステップアップしていきたいです。一人でも多くの方に「ありがとう。あなたに逢えてよかった」と言われるように頑張ります。

榊原 可奈さんの1日(日勤:9時~17時の場合)

日勤は本来9時から夕方6時までですが、小さいお子さんがみえる榊原さんは、家庭と仕事が両立できる可能な時間帯で勤務しています。

—— Q:志楽園との出会いは?

A:社会福祉士の資格を活かした仕事を探していたなか、法人の求人票を見かけました。地域包括支援センターの仕事、そして地域の方々のお役に立てられたらとの思いで応募しました。

—— Q:志楽園(地域包括)で働いてみて、感じた事は?

A:イメージしていたよりも地域の方たちと関わりを持つ機会が多く、そして単純に高齢者介護の相談業務のみでなく、その背景にある生活環境等も理解したうえでいろんな判断が求められます。開設からここまで、日々、学びながら過ぎていった一年でした。

—— Q:志楽園(地域包括)のここが好きだというポイントは?

A:社会福祉士として学んできたことが活かせる職場であり、なにより当センターの開設メンバーとして携われた事が嬉しいです。また未経験の方でも、主任ケアマネ・保健師との3職種連携のもと、地域の色々な相談・課題に皆で話し合い考え対応していきますので、ここなら安心して働けると思います。

—— Q:これからの目標や夢は?

A:地域包括支援センターの業務は、豊田市から運営委託を任されていますが、猿投中学校区の皆さんがこれからも変わらず住み慣れた地域で暮らしていけるよう、微力ながら頼られる存在になっていきたいと思います。そして出会う方々から「ありがとう。あなたに逢えてよかった」と言われたら何よりも嬉しいです。

小村 好恵さんの1日

Q.未経験・無資格でも大丈夫?

A. 経験豊かなスタッフが丁寧に指導します。未経験、無資格の方も現在活躍しています。

Q.介護正職員の勤務シフトはどうなってますか?

A. 正職員は早番(7:00-16:00)、遅番(12:00-21:00)、夜勤(21:00-9:00)のシフト制になります。シフトは事前に希望を伺って、家族行事やプライベートを考慮して組み立てます。

Q.パート職員の勤務時間はどうなってますか?

A. ご自身、ご家族の事情を踏まえ、就業可能な曜日や時間を相談ください。雇用条件(週の労働時間)により各種社会保険の加入もします。

Q.配属先は特養、グループホーム、ショートステイ、デイサービスのどちらになりますか?

A. まずは希望をお聞きします。経験、資格、適性に合わせてお互いに相談了承のうえ配属決定します。またグループ事業所全体の組織体制のバランスを踏まえた、人事異動はあります。

Q.どんな服装で働くのでしょう?

A. 通常は、ル・コック社製ユニフォームの希望カラーを選んでいただき法人が支給します。夏季は「アロハシャツ」を着用し、ユニフォームとの併用になります。

Q.通勤について教えてください

A. 両施設とも車通勤が可能(駐車場完備)です。猿投の施設は、グリーンロード「猿投東IC」下車20秒、益富の施設は東海環状「松平IC」下車5分です。法人規程内で高速代、有料道路代が支給されます。

Q.現在の勤務先の人間関係で悩んでいますが、ここはどうですか?

A. 猿投は開設2年目を迎えようとしています。従って全員が当施設におけるキャリア2年未満のなか、スタッフ間の風通し良く、笑顔あふれる環境で働けます。また、益富は新設になりますので、心機一転「ゼロ」スタートの環境で迎えられます。

Q.益富の新しい施設で働きたいのですが、いつから働けますか?

A. 平成31年4月1日より、特養・ショートステイ・デイサービス・地域包括支援センター・ケアプランセンターそれぞれの事業所の開設に伴い就業となります。また、ご希望と相談により「猿投の楽園」にて事前に就業(体験含む)が可能です。

Q.どんな法人なんですか?

A. 2016年に豊田市の公募採択により新設された社会福祉法人です。母体となるグループの会社では介護事業(有料老人ホームの経営や介護本の発行)をはじめ、30年に渡る情報誌の出版、新聞の発行、放送事業(FM放送)、旅行(観光バス所有)、イベント事業を携わる「流行発信グループ」が主体となります。